- Blog記事一覧 - 顎関節症ー24歳女性のケースの記事一覧

顎関節症ー24歳女性のケースの記事一覧

顎関節症

2018.08.16 | Category: 顎関節症ー24歳女性のケース

顎関節症

顎関節症は

・口が大きく開けられない

・口を完全に閉じることができない

・アゴを動かすとカクカク、ジャリジャリなど音が鳴る

・こめかみや耳のアゴのあたりが痛い

・顎が痛くて、食事がしにくい

・噛み合わせに違和感がある

・顔が左右に歪んでいる

などの症状が現れます。

原因として、

・日常生活の悪い習慣や姿勢

・顎の使い過ぎ

・ストレス

などと言われています。

顎の関節のズレや筋肉の緊張は首、肩こり・背中の痛み、めまい、耳鳴り、自律神経の乱れなど全身に症状が及ぶこともあります。

当院の施術では顎関節に関係する関節や骨、筋肉などにアプローチします。

そういったアプローチをすることで、顎を負担無くスムーズに動かす状態にすることができるからです。

施術方法も特殊で安全性も高く、強引に押したり、グイグイ揉んだりはしません。

こうした施術によりなかなか改善しにくい顎関節の改善が見込まれます。

参考として、この後の記事に口を開けた時の右顎の痛み(顎関節症)でお悩みだった24歳女性の症例を記載しております。

この後の記事を読んであなたも同じような不調があり、私も改善するかもと感じましたら、まずはお電話でもいいので一度ご相談ください。

 

口を開けた時の右顎の痛み(顎関節症)

24歳女性

今回、顎がいたくなる数日前から口を開くと左アゴにジャリジャリという音があり違和感があった。

1週間前の朝から口を開けると左顎に痛みが現れた。

近所の歯医者に行くと顎関節症と診断されマウスピースを渡された。

歯医者にて痛くても頑張って動かすようにと指導をされたので、強制的に口を開く運動をしていた。

しかし、翌日には口が開かない程の痛みがでるようになり夜も寝れなくなってしまった。

少しでも痛みが緩和すればと当院に来院された。

初回来院時

初回検査時、指一本分も口が開かないほど顎に痛みがあった。

左頚部の筋の緊張が異常に強く、まずは頚の筋緊張が緩和するようのアプローチ。

初回の施術後には指が縦に3本ほど入るほど口も開くようになり痛みも軽減した。

左あごのジャリジャリする音も緩和。

大変喜んで帰られた。

2回目以降の経過

4回目の施術で口は完全に開くようになり左顎の痛み消失。

アゴにジャリジャリという音がやや残るので、経過観察を含めアゴの調整を続けた。

その後は3回施術(計7回)したところでアゴのシャリシャリした音はならなくなった。

施術をするようになってから仕事時の肩こりも楽になったと喜んでおられた。

現在は月に1度のメンテナンス施術を行っている。

 

顎に痛みで満足な食事ができない方やつらい思いをしている方へ

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

けんこう専科整体院 浜松町本院 予約優先 当日予約も大歓迎
スマホの方はタップで電話がかかります 0120-210-713
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒105-0012
東京都港区芝大門1-2-5

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください。

休診日

火曜午前・日曜・祝祭日

ご予約について

当院は予約優先制となっております