- Blog記事一覧 - ジャンパー膝ー男子高校生のケースの記事一覧

ジャンパー膝ー男子高校生のケースの記事一覧

ジャンパー膝について

2018.08.06 | Category: ジャンパー膝ー男子高校生のケース

ジャンパー膝

ジャンパー膝とは、激しくスタート・ストップを繰り返したり、ジャンプなどするスポーツに多く、バスケットボール・バレーボール・サッカー・陸上選手に多く見られます。

症状として運動をしているときは痛みが強く、安静にしていると痛みは軽減します。

一般的な療法は、消炎鎮痛剤の投与や、マッサージ、温熱療法・ストレッチ・スポーツ活動を休むように指導されます。

当院では施術は筋肉の異常な緊張や関節の本来の動きを調整し疲れの取れる身体作りをしていきます。

その結果、膝関節の負担がなくなり、痛み無く運動を行えるようになります。

参考になればと、この後の記事にジャンパー膝でお悩みだった高校1年生男性の症例を記載しております。

この後の記事を読んであなたも同じような不調があり、私も改善するかもと感じましたら、まずはお電話でもいいので一度ご相談ください。

当院がきっとあなたのお役に立てるはずです。

 

ジャンパー膝

高校1年生男性 バスケットボール部所属

3ヶ月前から右膝に痛みが出現し痛いながら練習をすると歩けないほど辛い痛みが現れた。

病院に行くと、ジャンパー膝 (ジャンパーズニー・膝蓋靭帯炎) と診断され、痛みがあるうちは休むよう指導され、部活を1ヶ月程休んだ。

しかし、痛みは変わらず。

あまり改善がないため、知人から当院の話を聞き来院した。

初回来院時話を聞くと、当初は運動初めが痛く身体が温まると痛みはなくなっていた。

最近では運動中、運動後共に痛みが強くバスケットは2ヶ月ほど、休んでいるとのこと。

日によっては歩くのも辛いときがある。

患部の状態を見てみると右膝のお皿の下に腫れがあった。

他にも骨盤や脊柱の軸が悪くなっており、右足に重心が掛かるバランスになっていた。

初回来院時

初回施術は膝以外に全身の状態を整えた。

術後は院内で動ける範囲で身体を動かして貰っても痛みは現れなくない。

本人もここまで楽になるとは思わなかったと喜んで頂いた。

今すぐに練習を再会したいと強く希望されたが、2回目の来院時まで練習はしないよう指導。

2回目以降の経過

2回目の来院時には膝の腫れも消失して歩くのには特に問題はないとのこと。

術後は更に足も軽く、経過も良好で、練習も通常通り再会してもらった。

但し、痛みがある場合は練習を中止しするように指導。

3回目の来院時に話を聞くと、練習は通常メニューで行い、調子もよく右膝に違和感はあるが痛みは現れなくなった。

その後、3回施術を行い合計6回の施術で痛みもなくなり、本人と親御さんの希望で月に一度メンテナンスに切り換えた。

長い間休んだり悩んだりせず、ここに早く来ていればと喜んで頂いた。

 

膝のスポーツ外傷が気になる、不安な方へ

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

けんこう専科整体院 浜松町本院 予約優先 当日予約も大歓迎
スマホの方はタップで電話がかかります 0120-210-713
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒105-0012
東京都港区芝大門1-2-5

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください。

休診日

火曜午前・日曜・祝祭日

ご予約について

当院は予約優先制となっております