- Blog記事一覧 - ジャンパー膝ー女子中学生のケースの記事一覧

ジャンパー膝ー女子中学生のケースの記事一覧

ジャンパー膝・膝蓋靭帯炎・大腿四頭筋腱付着部炎について

2018.08.12 | Category: ジャンパー膝ー女子中学生のケース

ジャンパー膝・膝蓋靭帯炎・大腿四頭筋腱付着部炎

ジャンパー膝とは、膝蓋靭帯炎、大腿四頭筋腱付着部炎などとも呼ばれています。

膝周辺に痛みや炎症が生じる障害です。

激しいスタート・ストップを繰り返したり、ジャンプなどするスポーツ選手に多く、サッカー・バレーボール・バスケットボール・陸上選手によく見られます。

骨の形成される10~18歳(成長期)までの男子によく起こります。

痛みの感覚として膝の周りにズキズキとした激しい痛みがあり、特に運動時のダッシュやジャンプ、キックの動作時、などに強く痛みを感じることが多いです。

症状が悪化すると患部に触れるだけでも痛みを感じます。

主な原因として、使いすぎが影響しているとされています。

ジャンパー膝は正しい処置をすれば良くなる不調で、逆に誤った処置をすると改善するどころか悪化してしまうこともあります。

当院ではジャンパー膝の施術を得意としております。

参考として、この後の記事にジャンパー膝でお悩みだった中学3年生女子の症例を記載しております。

この後の記事を読んであなたも同じような不調があり、私も改善するかもと感じましたら、まずはお電話でもいいので一度ご相談ください。

当院がきっとあなたのお役に立てるはずです。

 

ジャンパー膝(ジャンパーニー・膝蓋靭帯炎)

中学3年生女子 陸上部所属

陸上の短距離選手で2ヶ月前から左膝に痛みが現れた。

整形外科に行き、レントゲンを撮影すると、骨には異常はなくジャンパー膝 (膝蓋靭帯炎) と診断され安静にするように指導された。

2週間程運動を休み、安静にするも、痛みなど現れたままで改善が無かった。

その後も近所の整骨院に行きマッサージと電気による施術を毎日、受けていたが改善が無く状態が一向に良くならないため、当院に来院。

初回来院時

初回検査時走ったり、深くしゃがんだり、飛び上がったりすると左膝に痛みが強く現れた。

特にしゃがむ動作で痛みを激しく感じる。

膝の状態を見てみると、左膝のお皿の下に腫れと圧痛がみられた。

全身の状態も骨格バランスが悪く、骨盤の高さ、足首にも問題がありそこから膝へ負担をかけていた。

初回施術後は深くしゃがんだ時の痛みが軽く感じる程度になり、ジャンプをしても痛みは現れなくなった。

どうしても練習をしたいとの事だったのでテーピングの指導をして練習を再会してもらった。

ただし、痛みが現れた場合はすぐに中止するよう指導し、その日の施術は終了とした。

2回目以降の経過

2回目の来院時に話を聞くとジャンプや深くしゃがむ時の膝の痛は感じなくなり、違和感が残る程度にまで回復。

検査時も右膝の腫れや膝を押した時の痛みも減少していた。

施術は前回と同様に行い術後は更に楽になり院内で動いて貰うと違和感も現れない。

練習もテーピングをして前回と同様行うよう指導し終了。

その後、痛みは現れなかったが、経過観察も含め4回施術を行い計6回の施術で終了とした。

施術を受けると身体が軽くなり走りやすくなるとのことで、2ヶ月に1度のペースでメンテナンスを行っている。

 

膝のスポーツ外傷が気になる、不安な方へ

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

けんこう専科整体院 浜松町本院 予約優先 当日予約も大歓迎
スマホの方はタップで電話がかかります 0120-210-713
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒105-0012
東京都港区芝大門1-2-5

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください。

休診日

火曜午前・日曜・祝祭日

ご予約について

当院は予約優先制となっております